障がい者雇用の先駆をゆく
環境と制度に大満足

  • 大阪業務部

福地 知己Tomomi Fukuchi
2010年4月入社

精神障がい者を迎える十分な環境に自信を得て入社

統合失調症だった私は、ハローワークで障がい者雇用のモデル事業を行っているSMBCグリーンサービスを紹介していただきました。当時は精神障がい者というだけで雇用を控える会社も多く、いくつかの企業に採用を断られていた中での出会いでした。仕事は銀行の事務作業と聞き、最初は自分に務まるかどうか心配でした。しかし、会社見学を経て行われた約1カ月間の実習では、週3日のペースでそれぞれ半日の短時間勤務といった配慮があり、自然に仕事や職場に慣れて不安を解消することができました。そうした受け入れ体制が整っていて、精神障がい者への理解も深い当社なら私も十分に働いていけると実感し、入社を決意しました。

ていねいで正確な
仕事を追求する日々にやりがい

入社以来照会部門に所属し、帳票類の出力と精査、印刷業務に従事しています。前者は公的機関から特定個人の銀行口座の調査依頼を受け、求められた期間の内容について詳しく調べる仕事です。後者は、最先端の機械を使用して銀行の各支店で使用する書類の印刷や製本などを行っています。どちらの仕事にも共通して大切になるのは、ていねいで正確な処理を施すこと。毎日が勉強の連続で大変な面もありますが、その分、仕事に対するモチベーションは高まるばかりです。

公私にわたって
しっかりとサポートくれるのが魅力

前述した通り、当社は障がい者雇用のモデル事業を行っているため、精神障がい者の就業環境の整備がかなり進んでいると思います。私の場合、会社の役職者と支援機関、障がいを持つ当事者が一緒になって仕事のステップアップを計画してゆく支援会議が非常にありがたいと感じました。また、ほかに産業医の先生やカウンセラーの方と定期的に面談する機会もあり、私生活の事についてもじっくりと話を聞いてもらえ、相談にのってもらえます。辛いとき、疲れたときに遠慮なくそれを周りに伝えられる雰囲気があり、精神障がいがある人にとってこの上ない職場だと感じています。

マネジメント力を磨いて
さらなる高みを目指したい

私は現在サブリーダーの職位に就いており、10名からなるチームをマネジメントすることも大事な仕事です。1日の仕事の段取りや各メンバーが持つ障がいの特性・スキルを考慮して人員配置や人繰りを行い、無事その日の業務を終えたときはやりがい十分。個々のメンバーの指導とフォローにも力を入れているので、一人ひとりが自発的に考えて動いてくれたり、業務スキルが上がっていたりする様子を目にすると格別の喜びを感じます。今後もメンバーの成長をしっかりサポートしてマネジメント力を磨き、他業務のサブリーダーとも連携しながら、拠点全体を引っ張っていくジョブリーダーやグループ長になれる日を目指して精進していきたいと思っています。

CAREER PATHキャリアパス

2010.04
大阪業務部 事務集中部門へ配属
2014.06
大阪業務部 預金出入表作成・照会部門へ異動
2016.01
大阪業務部 税務調査部門照会グループへ異動
2020.08
大阪業務部 照会部門へ異動、現在に至る

OTHER INTERVIEWSその他のインタビュー

  • 東京業務部

相馬 昌和/Masakazu Soma
2017年7月入社

  • 多摩業務部

山口 未愛/Mia Yamaguchi
2018年5月入社

  • 千葉業務部

大野 裕也/Yuya Ono
2015年4月入社

  • 大手町業務部

田村 勇人/Yuto Tamura
2017年1月入社

  • 大阪業務部

福地 知己/Tomomi Fukuchi
2010年4月入社

  • 鰻谷業務部

高橋 研次/Kenji Takahashi
2009年4月入社

  • 神戸業務部

奥田 崇史/Takashi Okuda
2015年4月入社

  • 備後町業務部

石井 陽/Akira Ishii
2016年7月入社